資料ダウンロードDL応募はこちら

2020.12.10

PLAYBACKで身につく動画編集技術事例②-ガイドムービー編-

こんにちは、PLAYBACK事務局です。

動画編集スクール&スタジオ「PLAYBACK」を受講すると、どんな動画が作れるようになるのか気になりますよね。

ここでは、前回に引き続き、動画編集技術を使った制作事例をご紹介していきます。

今回は、実写編集コースで学べる編集技術について。

▶︎サービスの使い方説明動画(ガイドムービー)

こちらは、オフィシャルサポーターでもある「Schecon(スケコン)」のサービスの使い方の説明を動画で制作させていただいた事例です。

こちらは、すべてPremiereを使って制作しています。


▶︎動画の制作ポイント


●ユーザーの立場になって編集する

サービスを説明するだけなら、静止画+テキストでもできますよね。

それをわざわざ動画で説明するということは、
「動画ならでは」のわかりやすさを追求する必要があります。

そのため、実際にこの動画を見るシチュエーションや、ユーザーがサービスを触る場面を想像しながら、動画を制作していきます。

サーボスの実際の画面をキャプチャーしたものをベースに、一緒に手とり足とり伝えるようにユーザーの目と耳に訴えるべく、再現性を意識して編集しています。


●どのデバイスでも見やすく

「スケコン」はPC・スマホどちらでも使えるサービスのため、この動画もユーザーによってPC、スマートフォン、もしくはタブレットでも閲覧する可能性があります。

そのため、どのデバイスでも見やすいように、テロップの級数を大きくしています。


●用途に最適な編集を。わかりやすさを最優先

この動画はガイドムービーなので、実用的であることを一番優先しています。
サービスを使う上でわかりづらかったり、悩んでしまいがちなところをナレーションを付けてわかりやすく説明。

ナレーション音声が引き立つように、BGMは耳馴染みのよいものをセレクトし、音量にも配慮しています。

全てが説明的になりすぎないよう、不要な部分はカットして尺もなるべく短くしています。
テロップを入れるタイミングにもこだわり、テンポ感を失わないように編集しました。


▶︎PLAYBACKでは編集技術以外も学べる!

このように、PLAYBACKでは編集技術を学べることはもちろんですが、
動画編集を仕事にする上で重要な
・演出の意図
・テーマに合わせた編集方法
・動画のコンセプト

なども丁寧に講師が教えてくれます。


というわけで、
次回も動画の編集技術を使った制作事例をご紹介していきますので、お楽しみに!

応募はこちら

2021年5・6月期生徒募集中!

応募期間:4/1〜4/29 締切予定

現地
受講プラン
オンライン
受講プラン

実写編集コース

  • SATクラス

    土曜日 10:00〜13:00

  • SUNクラス

    日曜日 13:30〜16:30

現地受講プラン

オンライン受講プラン

モーション編集コース

  • SATクラス

    土曜日 13:30〜17:30

  • SUNクラス

    日曜日 9:00〜13:00

現地受講プラン

オンライン受講プラン

※各コース・プランは定員になり次第、応募は締め切らせていただきます。
※オンライン決済は先着順とさせていただきます。
※パフォーマー・講師は本人都合により変更になる場合もございます。

SPECIAL SUPPORTER

OFFICIAL SUPPORTER